俳句一覧

俳句の一覧です。

Displaying 161 - 180 of 44855
俳句 作者 季語 季節 分類
氷屋の軒並べたる納涼哉 正岡子規 1902
遠クカラ見エシ此松氷茶屋 正岡子規 1902
汐干潟うれし物皆生きて居る 正岡子規 汐干狩 , 晩春 生活 1902
沖膾都の鯛のくさり時 正岡子規 沖膾 , 三夏 生活 1902
腸の塵を洗はん沖膾 正岡子規 沖膾 , 三夏 生活 1902
三浦の介上総の介や泊り山 正岡子規 泊り山 1902
浴衣著テ田舎ノ夜店見ニ行キヌ 正岡子規 浴衣 , 三夏 生活 1902
閣に座して海苔採舟の眺め哉 正岡子規 海苔 , 初春 植物 1902
すゝしさの皆打扮や袴能 正岡子規 涼し , 三夏 時候 1902
修竹千竿灯漏れて碁の音涼し 正岡子規 涼し , 三夏 時候 1902
京ハ夜店サレド牡丹ハ売ラヌ也 正岡子規 牡丹 , 初夏 植物 1902
土一塊牡丹いけたる其下に 正岡子規 牡丹 , 初夏 植物 1902
引き出だす弊に牡丹の飾り花車 正岡子規 牡丹 , 初夏 植物 1902
猩臙脂に何ませて見ん牡丹かな 正岡子規 牡丹 , 初夏 植物 1902
獺の祭を画く意匠かな 正岡子規 1902
茶器どもを獺の祭の並べ方 正岡子規 1902
玉虫ノ穴ヲ出タル光哉 正岡子規 玉虫 , 晩夏 動物 1902
花ならば爪くれなゐやおしろいや 正岡子規 白粉花 , 仲秋 植物 1902
一列ニ十本バカリユリノ花 正岡子規 1902
伸ビ足ラヌ百合ニ大キナ蕾カナ 正岡子規 1902

ページ