俳句一覧

俳句の一覧です。

Displaying 101 - 120 of 44855
俳句 作者 季語 季節 分類
画き終へて昼寝も出来ぬ疲れかな 正岡子規 昼寝 , 三夏 生活 1902
時鳥啼かず卯の花くだしつゝ 正岡子規 時鳥 , 三夏 動物 1902
時鳥辞世の一句なかりしや 正岡子規 時鳥 , 三夏 動物 1902
肅山のお相手暑し昼一斗 正岡子規 1902
ツリ上ゲシ魚ノ光ヤ暖キ 正岡子規 暖か , 三春 時候 1902
朝顔や我に寫生の心あり 正岡子規 朝顔 , 初秋 植物 1902
両岸ノ人家朧ニ下リ舟 正岡子規 , 三春 天文 1902
大仏ノ目ニハ吾等モ朧カナ 正岡子規 , 三春 天文 1902
朧野ヤ朧ヲ破ル藁砧 正岡子規 , 三春 天文 1902
末遂ゲヌ恋ノ始ヤオボロナル 正岡子規 , 三春 天文 1902
篷アゲテ見ル両岸ノ朧カナ 正岡子規 , 三春 天文 1902
背ノ高キ人ニ逢ヒケル朧哉 正岡子規 , 三春 天文 1902
背ノ高キ人佇メリ朧陰 正岡子規 , 三春 天文 1902
見返レバ住吉ノ灯ノ朧ナル 正岡子規 , 三春 天文 1902
話シナガラ土手ノ上行ク人朧 正岡子規 , 三春 天文 1902
路次口ヲ出デヽ朧ノ大路カナ 正岡子規 , 三春 天文 1902
遠クトモ近クトモ見エテ灯朧 正岡子規 , 三春 天文 1902
闇ヲ出テ朧ニ人ノ陰二ツ 正岡子規 , 三春 天文 1902
朧夜ノ眼薬買ヒニ薬師道 正岡子規 朧夜 1902
朧夜ノ端唄ヲ歌フ往来カナ 正岡子規 朧夜 1902

ページ