俳句一覧

俳句の一覧です。

Displaying 1 - 20 of 44855
俳句 作者 季語 季節 分類
水取ヤ杉ノ梢ノ天狗星 正岡子規 1902
つゝじまだ咲かで淋しき園生哉 正岡子規 1902
ハツタイヤ褒*笑ハヌ事五年 正岡子規 はったい , 三夏 生活 1902
ラムネ屋も此頃出来て別荘地 正岡子規 ラムネ , 三夏 生活 1902
物洗ふ七夕川の濁り哉 正岡子規 七夕 , 初秋 生活 1902
門川や机洗ふ子五六人 正岡子規 七夕 , 初秋 生活 1902
カナリヤの卵腐りぬ五月晴 正岡子規 五月晴 , 仲夏 天文 1902
薔薇を剪る鋏刀の音や五月晴 正岡子規 五月晴 , 仲夏 天文 1902
この祭いつも卯の花くだしにて 正岡子規 五月雨 , 仲夏 天文 1902
五月雨や善き硯石借り得たり 正岡子規 五月雨 , 仲夏 天文 1902
土佐カ昼ノ人丸兀ゲシ忌日カナ 正岡子規 人丸忌 , 晩春 行事 1902
橘ノ曙覚ノ庵ヤ人丸忌 正岡子規 人丸忌 , 晩春 行事 1902
蝶ノ羽ニ霜置ク夜半ヤ冴エ返ル 正岡子規 冴返る , 初春 時候 1902
石にそふ狐の跡や別れ霜 正岡子規 別れ霜 1902
南瓜の賦茄子の篇や村夫子 正岡子規 南瓜 , 仲秋 植物 1902
糞づまりならば卯の花下しませ 正岡子規 卯の花 , 初夏 植物 1902
日蓮の骨の辛さよ唐辛子 正岡子規 唐辛子 , 三秋 植物 1902
虫穴を出て殺生石に魂もなし 正岡子規 啓蟄 , 仲春 時候 1902
団扇二ツ角と雪とを画きけり 正岡子規 団扇 , 三夏 生活 1902
手すさひの団扇画芭蕉キ角など 正岡子規 団扇 , 三夏 生活 1902

ページ