俳句一覧

俳句の一覧です。

Displaying 141 - 160 of 44855
俳句 作者 季語 季節 分類
南朝の恨を残す桜かな 正岡子規 , 晩春 植物 1902
吉野山第一本の桜哉 正岡子規 , 晩春 植物 1902
徳川の桜明治の桜かな 正岡子規 , 晩春 植物 1902
水分の神が霧ふく桜哉 正岡子規 , 晩春 植物 1902
火を焚かぬ暖炉の下や梅の鉢 正岡子規 , 初春 植物 1902
紅梅の散りぬ淋しき枕元 正岡子規 1902
梅雨晴や蜩鳴くと書く日記 正岡子規 梅雨晴 , 仲夏 天文 1902
此浜ヤ此頃埋メテ棉ノ花 正岡子規 棉の花 , 晩夏 植物 1902
海近クナリヌ帆見エテ棉の花 正岡子規 棉の花 , 晩夏 植物 1902
海近ク帆ノ大キサヨ棉ノ花 正岡子規 棉の花 , 晩夏 植物 1902
ウレシキカナト蕎麥フルマヒヌ店卸 正岡子規 1902
家越シテ椿ノ蕾ウレシカリ 正岡子規 椿 , 三春 植物 1902
転居シテ椿咲ク庭梅ちる戸 正岡子規 椿 , 三春 植物 1902
草むらむら檀特花わつかに赤し 正岡子規 1902
正月の末にとゞきぬ支那みかん 正岡子規 正月 時候 1902
腹中にのこる暑さや二萬卷 正岡子規 残暑 , 初秋 時候 1902
残雪ニ鶏白キ余寒カナ 正岡子規 残雪 , 仲春 地理 1902
毛虫殺す毛虫きらひの男哉 正岡子規 毛虫 , 三夏 動物 1902
生きかへるなかれと毛虫ふみつけぬ 正岡子規 毛虫 , 三夏 動物 1902
氷屋ノ夜店出シタル始メカナ 正岡子規 1902

ページ