俳句一覧

俳句の一覧です。

Displaying 41 - 60 of 44855
俳句 作者 季語 季節 分類
夏草にまだ見ぬ人の行へ哉 正岡子規 夏草 , 三夏 植物 1902
夏草や吉次をねらふ小盗人 正岡子規 夏草 , 三夏 植物 1902
菜種の実はこべらの実もくはずなりぬ 正岡子規 夏草 , 三夏 植物 1902
刈残す一畝の桑や夏蚕 正岡子規 夏蚕 , 仲夏 動物 1902
夏野行ク人や天狗ノ面ヲ負フ 正岡子規 夏野 , 三夏 地理 1902
夜涼如水三味引キヤメテ下リ舟 正岡子規 夜の秋 , 晩夏 時候 1902
団扇手に田舎の夜店見に行きぬ 正岡子規 夜店 , 三夏 生活 1902
坂本ハ夏菊少シ夜店カナ 正岡子規 夜店 , 三夏 生活 1902
暑キ日ノ暮レテ著ク町ノ夜店カナ 正岡子規 夜店 , 三夏 生活 1902
腐リタル松魚ヲ照ス夜店カナ 正岡子規 夜店 , 三夏 生活 1902
女郎花女なからも一人前 正岡子規 女郎花 , 初秋 植物 1902
捕ヘタル孕雀ヲ放チケリ 正岡子規 孕雀 , 仲春 動物 1902
寒食の村を過行飛脚かな 正岡子規 寒食 , 晩春 生活 1902
寒食や庚申堂の線香立 正岡子規 寒食 , 晩春 生活 1902
殺生石の空はるかなる帰雁かな 正岡子規 帰雁 1902
鶴引クヤ蓬莱ノ松遠霞 正岡子規 引鶴 , 仲春 動物 1902
おくればせに蓬摘む也彼岸過 正岡子規 彼岸 , 仲春 時候 1902
泥膾肥え根芹こはゞる彼岸かな 正岡子規 彼岸 , 仲春 時候 1902
牡丹餅ノ使行キ逢フ彼岸カナ 正岡子規 彼岸 , 仲春 時候 1902
紅梅に中日過し彼岸哉 正岡子規 彼岸 , 仲春 時候 1902

ページ