俳句一覧

俳句の一覧です。

Displaying 21 - 40 of 44855
俳句 作者 季語 季節 分類
村と話す維駒団扇取つて傍に 正岡子規 団扇 , 三夏 生活 1902
破団扇夏も一爐の備哉 正岡子規 団扇 , 三夏 生活 1902
湯婆踏で淡雪かむや今土用 正岡子規 土用 , 晩夏 時候 1902
家を出でゝ土筆摘むのも何年目 正岡子規 土筆 , 仲春 植物 1902
杉菜多キ堤ニ出タリ土筆狩 正岡子規 土筆 , 仲春 植物 1902
病床を三里はなれて土筆取 正岡子規 土筆 , 仲春 植物 1902
看病や土筆摘むのも何年目 正岡子規 土筆 , 仲春 植物 1902
里人は土筆も食わず蓬摘 正岡子規 土筆 , 仲春 植物 1902
夜店出テ鄙町夏ヲニギハヒヌ 正岡子規 , 三夏 時候 1902
画かくべき夏のくだ物何々ぞ 正岡子規 , 三夏 時候 1902
夏ノ月京ハ夜店ノ灯カナ 正岡子規 夏の月 , 三夏 天文 1902
夏の月大長刀の光哉 正岡子規 夏の月 , 三夏 天文 1902
龍を叱す其御睡や夏の雨 正岡子規 夏の雨 , 三夏 天文 1902
夏休ミ夜店ニ土産トヽノヘテ 正岡子規 1902
夏山ヤ岩アラハレテ乱麻皴 正岡子規 夏山 1902
夏帽ヲ欺カレケリ夜店物 正岡子規 夏帽子 , 三夏 生活 1902
夜店ナル安夏帽ヤ買ヒガテヌ 正岡子規 夏帽子 , 三夏 生活 1902
三尺の鯛生きてあり夏氷 正岡子規 夏氷 1902
俳諧の仏千句の安居哉 正岡子規 夏籠 1902
義仲寺へ乙州つれて夏花摘 正岡子規 夏花摘 三夏 1902

ページ