俳句用語集

Displaying 73 - 84 of 238
  • 句の意味。

  • 句のかず。(連歌・俳諧で)懐紙の巻末に作者名とともに記す詠句数。句上(クアゲ)。四季・神祇・釈教・恋・旅・人倫・植物など、同じ範疇の句をつづけてよい限度数。

  • 句のつけ方、すなわち句を考え出すことが早いこと。

  • 連歌・俳諧などの句の品格。

  • 詩文・俳句などの組み立て方、作り方。

  • 句合せの俗称。特に句会などで一定の題で一定の時間内に競作し、優劣を争うこと。

  • 詩句中の眼目となるところ。

  • 俳句を彫りつけた石碑

  • 俳句の原稿。

  • 俳諧で、点取りの巻末に点者が評語を記し自ら署名すること。

  • 句の意義。

ページ